T-NOTE

誰かに話したいことを書いてみるノートなブログ。

住信SBIネット銀行のキャッシュカード

住信SBIネット銀行なら給与振込先にできなくてもこんな方法が!

2016/12/20

ネット銀行が便利そうなので給与振込口座もネット銀行にしたい!っていう人いますよね?でも会社で指定された銀行じゃなきゃダメって場合もあるかと思います。そんな時に超便利なのが「住信SBIネット銀行」です。給与振込口座にできなくても便利な方法があるんですよ、これが。

スポンサーリンク

別の記事で新生銀行を給与振込口座に使うとお得ですよってことを書いたんですが、今回オススメするのは住信SBIネット銀行です。この住信SBIネット銀行をオススメするのは特にネット銀行を給与振込口座に指定できない人ですね。結構便利なサービスがあるんですよ。

 

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行とSBIホールディングスの共同出資により誕生したネット専業の銀行です。
営業店舗もありません。完全にネットオンリー。楽天銀行やジャパンネット銀行とかもそうですね。

ちなみに口座を作ると自動的に5つの名義上の支店のどこかになるんですが、これがイチゴ支店とかレモン支店とかなんですよ。なにかの書類とかに口座名とか書く時にちょっと恥ずかしかったりします(笑)。

 

何が便利なのか?

さて住信SBIネット銀行の何がそんなに便利なのかっていう、僕的にオススメのポイントをご紹介します。

ATM手数料無料

まずコンビニATMでの出金手数料が無料になります。新生銀行だとコンビニATM手数料は24時間何回でも完全無料なんですが、住信SBIネット銀行の場合はランクによって回数が異なります。
ランクは預金残高とかサービスの利用状況によって決まるんですが、とりあえず最低ランクでも月2回は無料になります。

振込手数料も無料

次に他行への振込手数料。これも無料。無料ですが、ATM出金手数料と同じくランクによって回数が変わります。
こちらは最低ランクだと月1回です。これは新生銀行と同じですね。
新生銀行と住信SBIネット銀行両方口座を作れば合わせて月2回他行へ無料で振り込めますな。

この2つが僕的に最も重要なお得ポイントなんですが、これだけなら新生銀行でいいわけですよ。というか新生銀行の方がちょっとお得。
ただ住信SBIネット銀行には新生銀行には無い便利なサービスがあるんですよ。

定額自動入金サービス

その便利なサービスが「定額自動入金サービス」なんです。

会社によってはネット銀行を給与振込口座に指定できないことがあるって言いましたが、このサービスを使うと指定の銀行から住信SBIネット銀行へ毎月設定した金額を無料で自動的に振り替えることができるんです。

つまり毎月決めた日にいつもの給与が振り込まれる銀行から住信SBIネット銀行に自動的に振り込まれるように設定できるってことです。しかも手数料無料で。

これなら会社で決められた銀行しか給与振込口座に指定できなくてもその銀行を経由して結局住信SBIネット銀行に振り込まれるので同じことにすることができます。

このサービスは毎月5日か27日の指定した日に他行の口座から自動的に引き落とされ、4営業日後に住信SBIネット銀行の口座に自動的に入金されます。
例えば給料日が25日として27日を引き落とし日として指定した場合、31日まである月なら最短31日に住信SBIネット銀行の口座に振り込まれるわけですね。最短って言ったのは土日祝日があったらその分ズレるからです。あくまで4営業日後ですから。
あ、金額は10,000円以上1,000円単位で指定が可能です。

ネット銀行を給与振込先に指定できない人もこのサービスを使えば問題無しじゃありません?

 

まとめ

というわけで今回は住信SBIネット銀行がオススメですよ!ってお話でした。
とにかく新生銀行やネット銀行ってお得です。
そもそもネット銀行だと店舗が無い分人件費や固定費が安く済むため、その分ATM手数料を無料にしたりとかできるんでしょうね。
コンビニATMでの出金手数料が無料っていうのはお得だしとにかく便利です。
普通の銀行ATMと違って24時間出金できますし。

ちなみに僕は新生銀行の口座も持ってますが、もちろんこの住信SBIネット銀行の口座も持ってます。
セコい貧乏人なので手数料無料分はフルに使わせていただいてます(笑)。

住信SBIネット銀行が気になった人、詳細は住信SBIネット銀行公式サイトからどうぞ。

スポンサーリンク

-サービス

雑談。ひまつぶしにどうぞ(笑)

山という字がわからなくなった 1
山という字がわからなくなってきた

「山」って漢字ありますよね?山、読めますよね?そもそもこのブログを読めている人な ...

2
函っていう字までわからなくなりそうだった

今度は「函」です。「はこ」ですね。以前「山」って字がわからなくなった記事を書きま ...